爪水虫がなかなか治らない・・・とお悩みのあなたへ。しつこい爪水虫とはそろそろ決別しませんか?あなたの爪水虫進行度に合わせて適切な治療方法を紹介します!

爪水虫の治療ならココ!爪水虫総合情報WEBサイト Nail cure+

爪水虫の治療方法

爪水虫のレーザー治療は保険適用外?メリットデメリットまとめ!

投稿日:

爪水虫の治療には、内服薬(飲み薬)による治療、あるいは外用薬(塗り薬)による治療が一般的です。

特にこれまで爪水虫を治療する場合は、爪の奥に潜む菌にまでアプローチしにくいという理由から塗り薬は敬遠されがちでした。

また、内服薬の場合は副作用の観点から服用を禁止されている方がいるなど制約が多いのも特徴的です。

つまり、「爪水虫…治す手段がない!」そんな風に考えられていた病気でもあります。

そこで近年開発された全く新しい治療技術として「レーザー治療」という治療法があります。

それでは、どのような方がこのレーザー治療に向いているのでしょうか?

レーザー治療の特徴と、メリットデメリットについて説明いていきます。

スポンサーリンク

レーザー治療が向いている方の特徴は?

爪水虫治療をこれから始める、もしくは既に取り組んでいる方の中で、レーザー治療に適性があると思われる方の特徴を以下に列挙します。

・過去に内服薬や外用薬を試したことがあるが効果がなかった

副作用が心配で内服薬を飲みたくない

授乳中もしくは妊娠中である

・肝機能障害を患っている

・血液検査の結果、内服薬が処方されない

・定期的に血液検査を受けるのが負担に感じる

・今すぐに治療を開始したい

この中のひとつでもあてはまるようであれば、レーザー治療を試してみるのもいいかもしれません。

では、レーザー治療とはどのような治療法なのか?

順に説明していきましょう。

レーザー治療とは?

爪水虫に対する治療法のひとつ、レーザー治療は爪水虫の原因菌である白癬菌をレーザーによって蒸散、殺菌すると言う内容です。

爪のような硬い箇所に対しても深達度の高いレーザーを用いることで、爪の奥深くにある病巣まで治療効果を届けることのできる治療方法になります。

▽レーザー治療のメリット

患部に対して直接、治療をすることができるので、比較的、他の治療法に比べると効果が高いと言う点がメリットです。

さらに、薬のように体の内側から働きかける治療法とは異なるので、体に対しての負担が少ない、副作用の可能性が極めて低いと言うのもメリットのひとつとして挙げられます。

小さな子供や、妊婦、授乳中の女性でも治療できるのは大きなメリットですね。

施術は月に1回程度、10分~20分程度で済むので日常生活の負担にもなりません。

▽レーザー治療のデメリット

実はレーザー治療は日本ではまだ認可されていない治療法なので、費用に健康保険を適用させることができないと言う点がデメリットです。

つまり全額、自己負担と言うことですね。

また、当然ながら施術は自宅で受けることはできませんので、病院への通院が必須になってきます。

施術は月に一度だけとはいえ、人によっては負担と感じる方もいるでしょう。

そもそも、全国的にもレーザー治療を取り扱っているクリニックは少なく、地方に在住の場合などは通院できる距離にない可能性もあります。

さらに、レーザー治療は今のところメジャーな治療法とはいえず、症例も多くはありません。

この点に関しては、不安に感じる方もいるかもしれませんね。

レーザー治療の治療費用は?

気になるレーザー治療費用ですが、これは病院・クリニックによって大きく異なるようです。

下記にいくつかのクリニックの料金体系を調べましたので参考までに記載します。

※いずれも、1回の治療あたりの費用になります

クリニックその1

親指    6,500円
その他の指 3,500円

※料金の合計は12本までで20,000円

クリニックその2

基本料金   8,000円
爪1個につき 2,000円

クリニックその3

親指    5,000円
その他の指 2,500円

この通り、クリニックによって料金体系は様々ですが、どこのクリニックも完治までの流れは共通しています。

おおよそ4~5回の施術、その後様子見、経過観察しながら数回の施術追加、という流れですね。

▽治療期間と総費用は?

施術のペースはおよそ月に1回。

完治までの所要期間はおよそ1年。

例えば親指1本が爪水虫になっている&施術が全部で8回とすると、完治までの総額は

およそ 40,000円~64,000円程度

という計算になりますね。

ちなみに爪水虫が完治したと言う状況とは、白癬菌がない、綺麗な爪が伸びてきた状態です。

レーザー治療を受けると白癬菌が殺菌され、根元部分から白癬菌に感染していない綺麗な爪が生え、伸びていきます。

そしてそれが完全に生え変わったことで、初めて完治したといえるということですね。

レーザー治療の効き目は?

レーザー治療の有効率はおよそ80%程度と言われています。

内服薬の治療の有効率は約75%と言われていますから、ほぼ同じくらいですね。

要するに、レーザー治療は必ずしも万人に効果がある治療法というわけではありません。

約5人に1人は残念ながら治療効果が得られないということになります。

レーザー治療…痛みは?

レーザー治療と聞くと気になるのが痛みはないのか?という点です。

この点に関して、様々なクリニックの患者の声を調査する限りでは痛みはほとんどないようですね。

もちろん、麻酔も必要ありません。

やや熱を感じる程度の人もいれば、治療されているのかどうかすらわからなかった、という人までいるようです。

1回の治療時間は10分~20分程度、かつ治療後はアフターケアの必要もなく即帰宅可能ということです。

まとめ

爪水虫のレーザー治療は保険診療対象外となるため費用面では少し高くなる可能性はあります。

そうはいっても法外な金額ということでもなく、その他の治療法と比較しても大差はありません。

(患部が複数の爪に及ぶ場合は、レーザー治療だと高くなってしまいますが)

内服薬と、外用薬による治療費用の比較はこちらの記事も併せてご覧ください。

⇒爪水虫治療方法比較!内服薬と塗り薬、それぞれの費用と特徴は?

爪水虫×レーザー治療の特徴をもう一度おさらいすると、

メリット

・内服薬や外用薬で効果が得られなかった場合でも有効となる可能性がある

・血液検査が必要なく、副作用のリスクも限りなく少ない

・子供、妊婦、授乳中の女性でも治療できる

・月に1回程度の施術でOK。1回あたり10分~20分程度。

デメリット

・メジャーな治療法ではなく、症例が少ない

・保険適用外、全額自己負担

・取り扱いのあるクリニックが全国的に少ない

・通院が必要

爪水虫の治療にこれから取り組もうとお考えの方は、費用面、手間、リスク、など総合的に判断して治療方針を決めていただければと思います。

また、今まで種々の理由で爪水虫治療を諦めてきた方は、まずは近くのレーザー治療を取り扱っている医療機関へ相談してみることをお勧めします。

さらに、最近では病院に行かずに外用薬による爪水虫の治療も可能となっています。

ご自身のスタイルに合った治療方針を考えた上で、一刻も早く綺麗な爪を取り戻しましょう!

レクタングル大




レクタングル大




おすすめ記事一覧

1

爪水虫を自力で治すことは可能か? こんな疑問をよく耳にします。 自力で治すというのが 「自然治癒させる」 という意味であれば、これは正直なところ ほぼ不可能 でしょう。 爪水虫の原因菌である白癬菌の増 ...

2

何度も繰り返す足の裏や指間のごわごわの悩み。治療薬は様々あれども、爪にも効果を発揮する製品となると実は多くはありません。 これは悩みの原因系が硬い爪の中に潜んでいるという特徴が影響しています。 爪がご ...

3

人前で素足になる。 夏であればサンダルで出歩くこともありますし、プールに行くこともあるでしょう。 それ以外にも、温泉に行く、他人の家にお泊りに行く、部活動や授業で着替えが必要なとき、入ったお店が靴を脱 ...

4

水虫の中でも治療に特に時間がかかるのが爪水虫。 治療に時間がかかるということは・・・すなわち治療費が高い??と心配になりますよね。 さらに気になるのは治療費以外にも 「どれ位のペースで通院するの?そも ...

5

水虫治療の基本は、外用薬を塗ることです。 しかし、水虫の治療には内服薬を用いるケースもあります。 それは、 患部が広範囲にわたり外用薬を塗るのが困難なケース 外用薬だけでは再発を繰り返してしまい完治し ...

-爪水虫の治療方法
-,

Copyright© 爪水虫の治療ならココ!爪水虫総合情報WEBサイト Nail cure+ , 2022 All Rights Reserved.